南大塚ネットワークホームページ委員会
管理者:南大塚ネットワークホームページ委員会 豊島区南大塚3-50-2
お知らせ
お店を探そう
おおつかの笑顔
とくとく情報
松井芭蕉が行く
阿波踊り実行委員会
天祖神社と昔話
リンク集
サイトマップ
初めまして、僕たちは
南大塚ネットワークの
イメージキャラクター、
銀(ぎん)ちゃんと、
杏(なん)ちゃんだよ!



イラスト:たかしまちはる

初めまして、僕たちは南大塚のイメージキャラクター、銀ちゃんと、杏ちゃんだよ!
みんな、大塚の天祖神社に来たことある?石段を上がると右側に大きな銀杏の木が2本並んで立っているよね。僕たちはこの2本の木から生まれたんだ。向かって左が僕、パパの雄木、右がママの雌木、木の廻り共に6メートル、樹齢なんと600年なんだ。
都内で雄木、雌木の大きな銀杏の木が並んで立っているのはとってもめずらしくて、大塚のシンボルになっているんだよ。戦争のあった頃、大塚の町も火の海となって、このパパとママの銀杏の木も被災したんだけど、そんなことにも負けずに、みごとに葉を茂らせているんだ。みんなは、この銀杏の木のことを「縁結び銀杏」とか「夫婦銀杏」って呼んでいるよ。何でも「どんなにつらいことがあっても、苦しいことがあっても、2人で力を合わせれば、それを乗り越えてずーっと一緒に幸せに暮らして行ける」と言うことを、この銀杏の木が教えてくれてるんだって。そう言えば天祖神社に来る若い男の子、女の子たちが、この2本の銀杏の木を2人で触っている姿をよく見るんだよね。そして、手を合わせて何かお祈りしてるんだ。確か「ずーっと一緒にいれますように」とか言っている、小さな声を聞いたことがある。どうやら、この2本の木を男女で一緒に触ると、ずーっと別れずに幸せに暮らして行けるらしいんだよ。話が長くなっちゃったけど、そういうご利益があるみたいだから、みんな天祖神社に来て2本の木を2人で触ってみてね!きっと幸せになれると思うよ!そして、僕たち銀ちゃん、杏ちゃんのお守りも社務所にあるから、うけて帰ってね!じゃあね。